無痛分娩について

このエントリーをはてなブックマークに追加
無痛分娩とは
無痛分娩とは、硬膜外麻酔を併用することで、陣痛の強さを抑えないで「痛み」のコントロールを行うお産の方法です。
当院では、約20%のかたが無痛分娩を選ばれています。

硬膜外麻酔

入院後、陣痛がはじまったと判断したときからはじまります。
腰椎(腰の骨)の隙間から硬膜外腔とよばれる場所にチューブを挿入します。

麻酔の注入

背中に固定したら、陣痛の痛みに合わせて麻酔(痛み止め)薬を注入します。

無痛分娩の利点

無痛分娩には、
分娩経過がスムーズになりやすい、
痛みのストレスがない、
産道が広がりやすい、など多くの利点があります。


*麻酔薬を使用するため、血圧などのバイタルサインを頻回に確認していきます

費用

【費用】通常の分娩費+70,000円