私たちにご相談ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

特別養子縁組とは

子どもの福祉のために「子どもの幸せ」を第一につくられたものです。
実親が特別な事情で育てられない子どもを養親が引き取り、家庭裁判所に申し立てをして法的にも実子として扱われるという制度です。実親との関係は終了し、法的にも心理的にも養親との関係がゆるぎないものになります。戸籍にも実子と変わらず、長男・長女と記載されます。家庭裁判所には縁組の書類が残されます。将来、子どもが実の親(出自)を知りたいという場合は、その子が知る権利が守られている制度です。



普通養子縁組の場合は、戸籍上、実父母と養父母の両方の親がいることになりますが、特別養子縁組の場合は、親は養父母だけになり、実父母との親子関係はなくなります。

特別養子縁組は、従来、一部の医師会や産婦人科医が行っているのみでしたが、2013年9月に「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」が設置され、同協議会には、全国各地の産婦人科が参加し、各施設が連携して特別養子縁組に取り組むネットワークが形成されました。

当病院は「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」のA1会員です。

特別養子縁組についてお考えの方は、ご相談ください。


当院に直接お問い合わせの場合は
こちらのメールアドレス
mori-ansan@mori-hosp.jp
担当者からご連絡を差しあげます。

また、下記のホームページからもお問い合わせが可能です。

・あんしん母と子の産婦人科連絡協議会

・さめじまボンディングクリニック