避妊・ピルについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

避妊・ピルについて

避妊とは、望まない妊娠を避けるための方法です。
人工妊娠中絶は、体だけではなく、心の負担にもなります。
低用量ピル

【ピルの効果(女性の味方です。)】
 1. 安全な避妊方法
 2. 生理痛の緩和
 3. 子宮内膜症への治療効果
 4. 乳房に対する効果
 5. 女性特有の病気への予防・ガンの予防効果
 6. ニキビの改善

【初めて内服する方】

  1. 来院時、問診票の記入後、尿検査、体重、脈拍、血圧を測定
  2. 子宮がん検診を含めた婦人科診察
  3. 貧血や肝臓機能の採血
注)服用開始は月経1日目から。
注)喫煙、年齢、病気治療中の方は、内服できないこともあります。
※保険適応外のため、自費となります。 1ヶ月:3150円(税込み)

【継続して内服される方】

  1. 来院時、体重、血圧、脈拍を測定
  2. 半年から1年に1度子宮がん検診を含めた婦人科診察
  3. 半年に1度貧血や肝機能の採血(検査結果にて異なる場合あり)

【緊急避妊法(アフターピル)】
避妊しなかったり、避妊に失敗した場合など、予期せず妊娠する可能性が高い場合に妊娠を回避する方法です。失敗率は約2~3%(妊娠中絶薬ではありません)
(服用方法)
 性交後72時間以内と、さらに12時間後に(2回)内服します。
 ※保険適応外のため、自費となります(6~7000円)。

【ピル相談外来】
 ピルに関してのご相談は当病院へお気軽におたずねください。

子宮内避妊具(リング)

子宮内に器具を挿入し受精卵の着床を防ぐ方法です。失敗率は0.1~2%
来院時、問診票の記入後、尿検査

  1. 子宮がん検診を含めた婦人科診察
  2. 挿入後は定期健診が必要(初回月経後、3ヶ月、6ヶ月、1年後)

注)リング挿入時期は、月経終了直後~2日目頃です。
  この時期は妊娠の可能性が少なく、挿入時の痛みが軽いです。
注)リング交換は、3~5年を目安に行うことが望ましいです。

※保険適応外のため、自費となります。 金額:31,500円(税込み)